FC2ブログ

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

りくの功績とオリゼーが残していったもの




我が家でお預かりワンコ最長滞在ポメだったりく(ポン太)


とってもイケメンワンコで、


未だにパパが「ポンは良い顔していたな」って


今でも言う(おい、おい!)



りく
確かにイケワンだわ~!いつもニコニコしていたし(*^_^*)



約5ヶ月家族として暮らしていた間、


ワンコの世話は一切しないパパだったけれど


ドッグランのある公園に行った時だけは、りくの散歩に回っていてくれた。


だから、階段が苦手だったとか、


しばらく歩くと「オレ、歩けないし!」と言わんばかりに


地面に張り付いたりくを 抱えて


「コレ、どーすんだ?」って歩いてた(笑)


りくが卒業した後、オリゼーが我が家に滞在していても


りくのおかげでポメラニアン好きになっていたパパは


保護犬を預かることにも寛容で、


ポメを見ると必ずりくの話をするほどになっていた。


オリゼー(パン)はなんでも完璧なワンコで、


とってもお利口なパピーポメラニアン。



オリゼー 3
オリゼー、可愛いぞ~!



あんまりイイコすぎて、我が家で過ごしても


「里親さんみつかるかしら?」なんて心配よりも


「このままいても構わないよね」って思うくらいだった。


だからオリゼーが卒業した時、3匹のワラワラで楽しい時間が


とっても楽しくて、家族の中でごく当たり前の日常だったということに


気付くことになってしまった。


預かりなのにそんな気になるなんて、


オリゼーの幸せを喜ぶ気持ちはいっぱいなのに


その反面、ポッカリした自分が嫌で落ち込んでいた。


そんな時に、ネットで見かけた「ポメ系雑種」


引き出されてらふわふに来るまでずっと見ていた。



ザックとチーズ
チミのことですが、なんちゅう顔やねんww



その時他にもたくさんワンコが収容されていたけれど、


もしもらふわふっ子になるのなら預かろう!と漠然とした気持ちだった。


4月1日に我が家にやってきた時も


「預かろう」と言う気持ちと


「預かっても自分の子にしたくなったらどうしよう?」と、


気持ちが定まらなかった。


犬を飼うなら大好きなボーダーと決めていたから、サラを子犬から飼い、


サラと一緒に暮らせる保護犬を!と


運命の「ビビビ!」でザックと出会い、


こんなに仲良く暮らせるんだ!って


サラとザックが思わせてくれた。



サラとチーズ2



ポメラニアンって、預かるまでは何の興味もなかったのに、
(ポメ好きの方、ごめんなさ~い^^;)


りくと過ごして、


ワンコにあまり興味のなかったパパがポメにハマり、


オリゼーと過ごして、


3匹のバランスの良さにハハと息子がメロメロになった。



サラとチーズ



チーズが我が家の子になったのも


きっと、りくとオリゼーが何かを残していったんだろうね。



サラとザックとチーズ



チーポンが我が家で幸せかどうかはわからないけれど、


いつも笑顔で過ごせるように楽しく暮らしていこうね。






こちらのランキングにも参加してみました!
お帰りにポチッとよろしくね♪


にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ



引き続きこちらも~!

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

ありがとうございま~す(*^_^*)










スポンサーサイト



| らふわふのこと | 23:42 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |