FC2ブログ

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

その10 免荷と荷重



さてさて、しばらくぶりの骨折話です。


整形外科病棟ではベッド上の壁にボードが貼ってあり


右上腕、左上腕、右下肢、左下肢、と記載されていて


採血してはいけない箇所にバツ印と


どこが免荷かマークが付いていました。


免荷とは体重をかけてはいけないということで、


ハハの場合は「左免荷」となっていました。


もうすぐ退院という時に


お医者さんたちが団体で回診する総回診なるものがありまして


主治医以外の先生にも診てもらう訳ですが


その時に先輩(上司)と思われる先生から


「もう左足の踵も地面に着けるんじゃないの?」


と、言われ


看護師さんのサポートを受けながら恐る恐る立ってみました。


「あ、大丈夫だね!立つときに左足は置く感じで5キロね」


との指示で


右足重心で左足はただ置くように地面に着けて立つことになりました。


これが意外に難しく


片足立ちなら慣れてきたけれど、左足を置くように地面に着けて


ちょっとバランスが崩れると


あぶな~い!!(>_<)


退院時には荷重5キロと言われてました。


5キロとは大体脚一本の重さだそうです。


荷重とはトラックに記載されているように


重さが何キロ大丈夫と言うことです。


退院してから2週間後には荷重が1/3になりました。


「サラ母さんは体重は30キロですか?
それなら10キロですね!」



そんなわけないじゃないかーーー(-"-)


1/3荷重なので、松葉杖も今までは左足を上げていたのを


ちゃんと1/3の体重をかけて地面に着けなければならないので


これが慣れるまでちょっと難しいんです。


リハビリでは体重計を進路において


歩きながら体重計に左足を乗せて


ちゃんと1/3荷重できているかどうかを確認します。


荷重のかけ方は最初の4週間で1/3、


その後2週間くらいのサイクルで徐々に荷重を上げて行くのだそうです。


家では松葉杖を使わないので(家具があり危ない)


つかまり立ちで片足ぴょんぴょんか


体育座りで尺取虫のように移動するか(最初の頃)


立ち膝で歩く、もしくはハイハイする…の移動です。


家の中での家事はほとんどやっていて、


炊事も立って足は「休め」の体勢で作り、


ベランダに出て洗濯物干しもしています。


出来ないのは外の事(ゴミ、植木の水やり、ワンズの散歩、買い物)です。


最初の頃はハイハイ移動するとサラと同じ目線になので


なぜか喜ばれていました^^;


そんな今の必需品は膝パッドです。



膝パッド1



最初に購入した〇国製の膝パッドは10日でクッション部分がダメになり
(ハハの偉大な体重には勝てなかったんでしょう…、軟弱者め!)



膝パッド2



今は日本製を使っています。


さすが!日本バレーボール協会公認だね!!



膝パッド3



アタックNo.!の鮎原こずえになっています。
(わかる人いるかな?)




わかったあなたは同世代~(^^)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
いつもご訪問ありがとうございます♪


スポンサーサイト



| 入院療養記 | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |