FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その5 最近の手術事情



皮膚の状態が良かったら水曜日(20日)に手術と言われ


それまでは左足は固定してもらった状態で過ごしていました。


救急で入院して、病室に入ったのはその夜8時過ぎ


こんなことになるとは思っても見なかったから


飲まず食わず…


母と家族にとりあえずの身の回りの物を用意してもらい


どうにか体制が整ったけれど


何にも食べてない~(';')
(食欲はなかったけれどね)


足は固定されただけで薬は無く、


痛みもあるのにどうするんだろう?って思っていた矢先


看護師さんから痛み止めと胃薬を渡され


「何か食べました?あら、持ってきてもらわなかった~?」


その夜は絶食となりました(T_T)


足は固定してあるとはいえ、どういう体制で寝たらよいのかわからない。


寝相のとっても良いハハだけれど、時には横に向いてみたい…


動かない左足を支えながら、試行錯誤で初めての夜が明けました。


翌日からは車いすでトイレには連れて行ってもらえるようになり


そのころから動く右足でバランスを取って


何とかベッドから車いすへ移動もできるようになっていました。


月曜日、新たに担当になった先生(若い男の先生)に


皮膚の状態を診ていただいて、水曜日の手術が決まりました。


手術前日(火曜日)には、リハビリの先生(若い女性)から


車いすを自分で操作する方法を教えてもらって


術後の車いす移動に備えました。


麻酔科の先生(若い女性)から麻酔の説明を受けた際、


「全身麻酔と腰椎麻酔、それに硬膜外麻酔がありますが
どれを選択しますか?」



自分で麻酔を選ぶ??


ハハは足の手術なので、


全身麻酔か腰椎麻酔(下半身麻酔)が選べるそうで


腰椎麻酔だとほとんどぼや~っとしているそうだけれど


「大きい音がするとわかっちゃいますね~!」


それはいやだ~っつ!!<+ ))><<


硬膜外麻酔は、手術中の吸入麻酔薬の使用を減らしたり、


何より持続して麻酔薬を注入することにより


術後の痛みを和らげるために使用するもので、


脊椎(背骨)の中にある脊髄の側まで針を指し、


その中にカテーテル(細いチューブ)を通し、


脊髄を包んでいる硬膜の外側(硬膜外腔)にカテーテルを留置し、


そこから麻酔薬を注入するというものです。


ハハの場合はこの麻酔方法が使えるというものでした。


どう考えても全身麻酔で眠っている間に手術してもらって


硬膜外麻酔によって術後の痛みを和らげたい!!


そのことを伝えると、麻酔科の先生が


「あ、みなさんその選択肢を選びますよ~!」


だったら、先にそう話してくれて良かったんですけれど~(涙)


手術前日は家族も交えて術前の説明を受けました。


足首はボルト、腓骨にはプレートで固定で


しばらくは松葉杖の生活でリハビリする等々


まともに歩けるようになるには、まだまだ先が長いお話でした。


でも、前に進んで今の状態から少しずつ良くならなくちゃならない!


手術が怖いなんて考える余裕はありませんでした。




続く…




サラ 4
遊び要求中のサラ
ごめん、今は遊べませんよ~







ご訪問ありがとうございました(*^_^*)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
スポンサーサイト



| 入院療養記 | 18:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どこでコメントしようかと悩みながら読み続けました。

お加減いかがですか?
大変な怪我だったんですね。
でもサラ母さまも仰る通り頭を打ったりしてなくて良かったです。
もちろんこの骨折も聞くだけでぞぞぉ〜っとしますけど、頭や背骨なんかやってるとまた面倒ですから、これだけ派手に転んで骨折で済んだと思えばねぇっと思いますが、やっぱり骨折だけでもショックですよね。
私は骨折はありませんが、学生時代に酷い捻挫で足首の手術は経験しました。
腰椎麻酔でしたよ。痛みはないけど、頭がある程度はっきりしているので、手術中の音がずっと聞こえてていや〜な感じだったのを覚えてます。苦笑

当分は日常生活も不便だと思いますが焦らず養生して下さい。
そして、後のリハビリはしっかり時間をかけて怠らずにがんばって下さいね。
また怪我をし易くなると思うので,これからも用心して下さい。

寒くなって参りました、脚以外の部分、お体に気をつけてお過ごし下さいませ。

| ゆみ。 | 2013/12/08 23:41 | URL |

その後、お加減はいかがですか?とっても大変な怪我だったんですね、、、私も途中で誰のリードが絡まったのでしょう?サラかなー?なんて思っていましたが、チーズとザックだったんですね。。。

私も先日、夫の同僚が2人ほど手術をしたので、、、外国だから麻酔の種類(方法?)を選べるのかと思っていたら、日本も同じだったんですね(^_^;)昔、手術した時は患者に選択の余地はなかった気がしましたが。。。

いろいろとご不便な生活かと思いますが、ワンズに癒されて、、、早く良くなりますように。

| テーゴまま | 2013/12/09 08:25 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ゆみさんへ

コメントありがとうございます♪
確かに話は長いし、結論が出ている訳じゃないのでいつコメント入れたらよいのかわからないですよね~(笑)

怪我は一瞬の事とはいえ、ちょっと大変でした…
でも、頭も背中も腰も左腕も大丈夫だったので、不幸中の幸いだと思うようにしています。

ゆみさんも手術をしなければならないほどの捻挫って…、大変だったんですね!
腰椎麻酔だったんですね?
音が聞こえているのも嫌ですよね~、時間は長く感じたでしょうね(>_<)

色々不便はあるのですが、周りに助けてもらいながらリハビリを頑張って少しでも早く良くなるように頑張っていますよ。
でも無理は禁物なので、焦らないようにしています(苦笑)

そちらも寒そうですね。
ゆみさんも色々大変でしたものね。
お身体大切になさってくださいね。

| サラドビー | 2013/12/09 21:16 | URL |

Re: タイトルなし

テーゴママさんへ

コメントありがとうございます♪
今回の事は、まさか!こんなことになるなんて??って感じでした。

足の手術は初めてなので、麻酔の選択肢があることも知りませんでしたし、痛みをやわらげる硬膜外麻酔なんてあることも知りませんでした。
多分昔はこんな選択はなかったでしょうし、昔の骨折ってギブスで固めて固定のまま何か月も過ごすというような感じだったように思うので、今の医療ってすごいな!って思いました。

まだまだ不便な生活ですが、リハビリを頑張って少しでも回復するように努めたいと思っています。

これから寒くなりますので、テーゴままさんもお身体大切になさってくださいね♪

| サラドビー | 2013/12/09 21:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sarazack.blog39.fc2.com/tb.php/973-185ccec7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT